国際ロータリー第2620地区
富士吉田ロータリークラブ
富士吉田ロータリークラブの詳細はこちらから
  会員増強・維持委員会公共イメージ向上委員会クラブ管理運営委員会奉仕プロジェクト委員会ロータリー財団 米山委員会

ロータリー財団 米山委員会 ロータリー財団担当 委員長 宮下 節夫

 ロータリー財団は国際的な組織であり、皆様から頂いた貴重なご寄付を世界中の人々への奉仕に役立てています。ロータリアンの国際的なネットワークを通じて世界中の人々への様々な奉仕活動を実行する為の活動基金としてロータリー財団があります。
 当クラブも毎年、会員の皆様のご協力の下にロータリー財団への寄付を行って参りました。本年度も下記の地区目標が提案されております。 

【ロータリー財団補助金の積極的活用と寄付への理解・推進】
1. 地区補助金全クラブの活用、グローバル補助金の活用
2. 年次基金寄付 US$150以上/人・年 【3年後のためにゼロクラブゼロ】
3. ベネファクター 【各クラブ1名以上】
4. ポリオプラス基金への寄付 US$30/人・年
5. ロータリーカード(個人・法人・クラブ)加入推進


 会員の皆様のご協力を頂きまして、本年度も地区目標の達成に努めたいと思います。
 ロータリー財団は寄付を募ることばかりではなく、貴重な寄付を使って、各クラブとしていろいろな奉仕活動を行うことを奨励しております。各クラブによる地元での奉仕活動の推進を地区補助金で支援しております。当クラブとして寄付をするだけでなく、地区補助金を有効に使うことも必要であります。その為に、会長、副会長、幹事と相談しながら、当クラブとして当地域で地区補助金を使える奉仕活動を計画していきたいと思います。  会員の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

ロータリー財団 米山委員会 米山奨学財団、米山記念館担当 副委員長 渡辺 衛

 米山記念奨学財団は、日本全国のロータリアンの寄付金を財源として米山奨学生に奨学金を支給して、支援する民間の奨学団体です。
地区米山記念事業として奨学生の支援と学友との交流促進と広報活動が主な事業となります。上記目標達成のため、地区目標が決められています。
クラブ委員会目標として年間1人、16,000円の、寄付が求められています。今年度も継続事業として、皆様のご協力をお願い申し上げます。
 又、米山記念館の主な事業として春と秋に例祭が行われます。日本ロータリーの創始者、米山梅吉翁の徳をしのび精神を学びに、代々ロータリアンも機会を見つけ記念館を訪問されたら良いと思います。又、記念館のお願いとして賛助会員の募集と一人1,000円の募金も行っています。記念館の募金のご協力を宜しくお願い申し上げます。

(C) Fujiyoshida Rotary Club.