国際ロータリー第2620地区
富士吉田ロータリークラブ
富士吉田ロータリークラブの詳細はこちらから
会員増強維持・拡大委員会公共イメージ向上委員会クラブ管理運営委員会奉仕プロジェクト委員会│ ロータリー財団 米山委員会

奉仕プロジェクト委員会 委員長 宮野 敬一

 世界中のロータリークラプは、それぞれの地域で奉仕活動をしています。
この中で、奉仕プロジェクト委員会の役割は、地域社会の重要なニーズに応える奉仕活動の実施を助けることと位置づけられています。
クラブの奉仕活動にあたっては、ロータリアンとその家族、地域団体、インターアクター、他のロータリークラブなどと協力し、計画・
広報・実施・評価などの取りまとめを行います。

 富士吉田ロータリークラブの奉仕プロジェクト委員会は、《職業奉仕》 《社会奉仕》 《国際奉仕》 《青少年奉仕》の4つの奉仕
担当に分かれていますが、それぞれにスキルや知識経験のあるベテランの副委員長が就任されました。委員長として、各担当と協力し
話し合いサポートすることで元気な奉仕プロジェクト委員会にし、ロータリーの精神に則った奉仕活動を行っていきたいと考えていま
す。

 本年度8月6日には、山梨第1グループ(7クラブ)にて合同奉仕活動を行います。合同奉仕活動では、各クラブ、地域の方々等との
交流や新しい仲間との出会いがあると思います。合同奉仕活動にはできるだけ多くの会員に参加いただきますよう、ご協力よろしくお願
い致します。


奉仕プロジェクト委員会 職業奉仕担当 副委員長 武川 哲也

 「職業奉仕」とは、自己の職業を通じて、その道徳的な倫理観を高め、社会奉仕することであり、すべてのロータリークラブの奉仕活
動の基礎となるものと考えられます。
 あらゆる職業の価値を認め、自らを律し、道徳的水準と品位を高めることで「職業奉仕」の理念を理解、認識し、実践していくことだ
と思います。
 会員の皆様のご支援ご協力をお願い致します。


奉仕プロジェクト委員会 社会奉仕担当 副委員長 羽田 早一郎

【委員会目標】
 会員の経験やネットワークを活かし、地域に密着した奉仕活動を継続し、より良い地域社会づくりに努めます。

奉仕プロジェクト委員会 国際奉仕担当 副委員長 藤井 與三郎

 一昨年からの新型コロナウイルス蔓延やロシアによるウクライナへの軍事侵攻等、国内および国際環境は激変しています。
 我々ロータリアンにとっても足掛け三年は例会も中止等が続き活動が満足に出来ずお互いに充分なコミュニケーションもとれず今日に
至っております。
 このような状況下で国際奉仕委員会はどのように活動をしたら良いのか考えてしまいますが、今年度は重要課題でもある識字率向上お
よび飢餓や貧困からの脱却などの支援を最重要と位置づけ、実行していかなければならないと思います。現時点では、海外渡航も入出国
の制限があり自由な往来が出来ないのが現状ですが、今年度(松浦年度)の後半には今の状況が改善されていることを願っています。そ
の時は我々ロータリアン(クラブ)は先方が何を一番望んでいるかを察知し協力や援助をしていければと思っています。


奉仕プロジェクト委員会 青少年奉仕担当 副委員長 太田 真司

 「他社の役に立つ」-。自己を犠牲(例えば時間や労力など)にしながら人や社会のために行動することは、世界が混とんとしている
現在だからこそ改めて求められているのではないでしょうか。次代を担う地域の若者が「他社の役に立つ」意義に気づき、考えることが
一層大切になっています。富士学苑高等学校インターアクトクラブの活動を支え、青少年とともに行動する中で互いに学び、意識を高め
合います。私たちロータリアンはしっかりとした倫理観や職業観をもって交流することで会員の成長の機会とします。
 

【富士学苑高等学校インターアクトクラブ例会 スケジュール予定】

  7月13日 水曜日 第279回例会
  8月6日 土曜日 インターアクト年次大会
  9月7日 水曜日 第280回例会
  10月5日 水曜日 第281回例会
  11月9日 水曜日 第282回例会
  12月7日 水曜日 第283回例会
  1月18日 水曜日 第284回例会
  2月8日 水曜日 第285回例会(お別れ会)
  5月未定 水曜日
  6月未定 水曜日

  【国際ロータリー第2620地区 スケジュール予定】
  インターアクト年次大会   8月6日 日本大学三島キャンパス
  インターアクト指導者講習会 10月15日 富士学苑高等学校(Zoom開催)


(C) Fujiyoshida Rotary Club.